太陽フレアの影響で北海道でもオーロラ観測ができるらしい

 

今日、明日と太陽フレアの影響で北海道でもオーロラが観測できるらしいですね。
 

低層オーロラだそうで、赤く発光するみたい。
 

 

私がフィンランドで生活していた時期は、
 

オーロラの発生が活発な時期と重なっていて、
 

毎日のようにオーロラが出現していました。

 

 

オーロラが出現するには、幾つかの条件が重ならないと
 

観測することができません。

 

★晴天であること。
(雪や雨が降っている時は、見ることができません。

なので、11月〜12月、1月は雪が降り続く季節ですので、
オーロラが出現する率が下がります。
2月〜4月頃が天気も安定してオーロラ観測の確率が上がります。)

 

★気温が下がった日。
(ダウンの上着、ズボン、帽子、手袋で防寒必至)

 

★町の灯りが少ない暗い場所。

 

 

オーロラの形もカーテンのように垂れ下がるものや、
 

雲のように空に浮いて、むくむくと大きくなったり、
 

小さくなったりするものや、
 

柱のようなものが、伸びたり、縮んだりするものなど、
様々あります。

 

フィンランド語ではオーロラをRevontulet(レヴォントウレット)

キツネの炎という意味です。

 

 

ラップランドに昔から住んでいるサーミの人たちの神話では、

キツネが山を駆け回り、

その時に雪が尻尾でかき回されて起こった火花が

天に昇ってオーロラとなったと言われています。

 

なんともロマンチックですよね。

 

北海道でも観測できるかもしれないのも、
ロマンチックですよね。

 

 

写真はフィンランドの家の裏の畑です。
ここで夜にオーロラ観測をしていました。

 

街頭も無く、家もないので真っ暗。
 

−30度位の気温の中、防寒対策を完璧にして、
 

手には懐中電灯を持ち、出かけていました。

 

フィンランド訪問

 

 

1016日より112日までフィンランドへ行っていました。

 

2年ぶりの訪問です。

 

 

 

ヘルシンキに2泊した後、イルマヨキにある歌の学校(ラウルコウル)に2週間滞在しました。

 

 

最初の週は学校の授業に参加させてもらいました。

 

 

 

9時から始まるグループレッスン、合唱、フォークソング、教育法、相互発表の時間など、

学生たちと一緒に受ける授業は刺激がいっぱいでした。

 

 

 

翌週は私が歌唱療法の紹介と朝のグループレッスンを担当しました。

初めて歌唱療法のエクササイズを行う生徒もいて、大変興味を持って、熱心に行ってくれました。

 

 

 

学校の裏には森が広がっています。

 

私は毎日散歩に出かけました。

 

新鮮な空気と静けさ。

 

朝日に照らされる木々や、夕焼けの空も綺麗でした。

 

 

 

 

金曜日の授業後、電車でラハティへ移動して、日曜日まで友人宅にお世話になりました。

 

彼女はドイツで歌唱療法のコースを一緒に受講した仲間です。

 

お互いの仕事のことなど、情報交換や勉強会を行いました。

 

もちろん、二人でスパに遊びにいったり、彼女のお気に入りのネパールレストランに行ったり、

楽しいこともたくさんしました。

 

 

 

ラハティはイルマヨキと比べると、都会です。

 

でも、すぐ近くに大きな湖があり、また森があります。

 

自然がすぐ近くにある暮らしがうらやましくなりました。

 

また、来年もフィンランドを訪れたいです。

それまで、歌の練習や、療法を一生懸命やらせて頂きます。

 

フィンランドからのサンタクロース

 

 

クリスマス休暇にドイツに住む友人を訪ねた時の事です。
 

フライブルグの駅からバスに乗りました。
 

料金を払って後ろの空いている席にむかうと、運転士さんがマイクで私を呼び止めました。
 

 

私は支払った料金が不足していたのだと思い、また運転士さんのいるところへ戻りました。
 

 

彼は私にフィンランドから来たのかと聞きます。
 

そうだと答えると、自分の息子がユーロコインを集めているので、

フィンランドのコインと自分が持っているドイツのコインとを換えて欲しいと言います。
 

 

私たちは終点のバス停で交換しました。

 

 

 

フィンランドは2002年から、それまでの通貨マルッカからユーロに変わりました。

 

各国のユーロコインは表は共通のデザインなのですが、裏側はそれぞれの国ごとに違っています。
 

ちなみに、フィンランドのコインは3種類のデザインがあり、2羽の白鳥、クラウドベリーの花と実、そしてライオンです。

 

 

 

友人の家に着いてバスの中であったことを話すと、

友人は「運転士さんにとってあなたに交換してもらったことは、本当にラッキーだったと思うわよ。

だって町のコインを扱っている専門店に行ったら、同等の値段で変えられないから、

そのくらいフィンランドのコインは希少で価値があるの!」と教わりました。

 

 

 

運転士さんの息子さんにとって、私は素晴らしいサンタクロースになったのです!!!