歌う喜びはすべての人に

 

 

 

すっかりごぶさたしてしまいました。

 

秋の寒くもなく、暑くもなく、晴れ渡ったさわやかな心地よさの中、

散歩するのが楽しみになっていましたが、

 

ここ数日は日中の気温も上がらずに、風も冷たく感じられるようになってきました。

 

もう夕方5時前には暗くなってきて、季節の移り変わりを

ひしひしと感じます。

 

今日の記事のタイトル、「歌う喜びはすべての人に」とは、

 

アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱法の生みの親、ヴェルベック女史の言葉です。

 

12月に入ると、クリスマスパーティーや忘年会で人前で歌う機会も多くなるのではないでしょうか。

 

歌うのが大好きな人にとっては、うれしい季節ですね。

 

でも、人前で歌うのは大の苦手と思っている人にとっては、

憂鬱でやっかいな季節かもしれません。

 

歌いたい気分でないのに、歌わせられるというのは、

ほんとうに嫌ですよね。

 

他の人が歌うのを聞いているだけだったら、同じ空間にいることを

楽しめるのに。

 

歌いたくないと思ったら、歌わなくてもいいと思います。

 

無理をして歌っても、すこしも楽しい事はありません。

 

でも、私はみんなのように楽しく歌いたんだけれどという気持ちがあるのに、

歌うことを怖がっているのなら、

勇気を出して歌ってみてください。

 

最初は一人で歌うことで緊張するのならば、

だれかと一緒に歌ってみることから始めればいいですし、

人前で歌うことが、ものすごくハードルが高ければ、

鼻歌を歌うように、家の中で歌い始めてみてください。

お料理をしながらでも、お風呂に入っている時でも、

散歩しながらも良いと思います。

 

アトリエ・カンテレにも、歌いたい気持ちがあるのに、

歌えないという方がいらっしゃいます。

 

なかには音楽大学で専門に歌を学ばれた方もいらっしゃるのです。

 

子どもの時から歌うことが大好きで、それでより専門的に歌を極めたいという志で

歌を学んだのに、学べば学ぶほど歌うことが苦痛になってしまう方は少なくありません。

また、師事した先生の声を真似してしまって、自分本来の声を見失ってしまう方もいらっしゃいます。

 

音程は正しく取れているか、

リズムは間違っていないか、

私の声はどのように聞こえているのだろうか、

批判されるのではないだろうか、

どのような評価をされるのだろうか、

 

などなど、その他たくさん。

 

技術のことや、

周りの反応に意識が向いてしまうのです。

そして歌っている間も始終、自分に意識を向けて自己採点してしまいます。

 

それでは、

歌う喜びなど味わうことはできなくなってしまいます。

 

もちろん、正しい音程やリズムは必要なことです。

それをちゃんと押さえつつ、

心が歌うことで喜びにあふれていなければ、

いったい何のために歌っているのでしょうか。

 

レッスン後にこんなご感想を頂きました。

 

「童心に帰ったように、自分が子供の時に歌っていたように、

 こんなに素直に歌えたのは久しぶりです。

 もう一度歌をやってみようと思います。」

 

封印されていた歌を再び人生に蘇らせること。

 

アトリエ・カンテレでは、そういったご要望にもお応えしています。

 

歌う喜びはすべての人に!

 

カンテレホームページ ←こちらをクリックしてホームページへもどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手なものの中に宝物が眠っている第6章最終章

 

 

私の場合の苦手なものというのは、音楽でした。

楽器を弾くこと、そして歌うことも苦手でした。

 

幼稚園の頃より、音楽に関しては悲しい思い出と、苦い経験しか無かったからなのです。

 

新年会は祖母の家に親戚一同が集まって、それぞれが歌を披露したり、

みんなで声を揃えて歌うことが自然でした。

私はおじさんや、おばさんの歌で流行歌を覚えましたし、

祖母の歌で民謡を覚えました。

 

みんなの前で私が歌うと、みんなが喜んでくれたので、

楽しかった思い出があります。

 

それが幼稚園の時にピアノを習い始めてから、

いつも間違えると先生から手を叩かれて、

それからは音楽は苦しいものに変わってしまいました。

 

そして、中学生になり聖歌隊入ることに憧れを持ちましたが、

音楽の教師から、君は歌が上手ではないから入れないという言葉で、

歌が歌えなくなりました。

 

でも、音楽にたいする憧れが消えてなくなることはありませんでした。

 

33歳の時、アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱法に出会い、

そしてそれを勉強したいと思うようになりました。

 

私は今まで、音楽は楽しいものであり、自分にあった学び方が分からなかっただけだったことに、

フィンランドの歌の学校(ラウルコウル)で学び始めて気が付きました。

 

ただそれだけ。

 

だから、もしあなたに苦手だなと思っているものがあって、

でも、それをやってみたい、それができたらどんなに嬉しいだろうという

憧れをずっと持ち続けているのであれば、

きっとそれができる才能をあなたは持っていると私は思います。

 

苦手だと思っているものの中にこそ、宝物が眠っています。

 

どうぞ眠っている才能を思いっきり、咲かせてください。

 

 

 

苦手なものの中に宝物が眠っている第5章

 

 

 

天からのお告げに従い、フィンランドへ留学するために

 

ビザの申請手続きを始めましたが、

 

フィンランド大使館からは

 

ビザの許可が降りませんという連絡をもらいました。

 

ドイツ大使館からも却下、

 

そのうえフィンランド大使館からも

 

いったいどうしたことかしら?

 

 

大使館からの電話を切ったあと、

 

私はどうすればいいのかをじっと考えて、

 

取りあえず入学しようとしているフィンランドの学校に相談してみようと思い、

 

すぐに電話をしました。

 

責任者の先生に事情を説明すると、

 

「私にまかせなさい。2週間後には結果が出るから、それまで出発の用意をしながら待っていてください」と

言われました。

 

その言い方があまりにもきっぱりと、

「あなたは大丈夫です。どんな問題があっても絶対に私たちの学校で学べるように

努力しますから」という信念みたいなものが伝わってきました。

 

 

結果、2週間後に再びフィンランド大使館から電話がかかってきて、

 

ビザが交付されることになりましたので、

 

至急パスポートを持って大使館へ来てくださいと言われました。

 

もうそれからは、今まで停滞して一向に針が進まなかった時計が

 

一気にくるくると物凄い速さで針が回転するように

 

時間が流れ始めました。

 

私もこの流れに乗ることができなければ

 

またどこかで暗礁に乗り上げてしまうかもしれないという

 

思いもあったので、何も躊躇することなく飛び込みました。

 

そして、フィンランド行のビザが交付された2週間後には

 

フィンランドの片田舎の空港に降り立っていたのでした。