ライアー響会2017大会で講演をさせて頂きました。

 

9月17日、ライアー響会2017大会にてアンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱法

について講演をさせて頂きました。

 

ライアー響会の大会には分科会で

アンカヴァーリング・ザ・ヴォイスのレッスンを担当させて頂いておりました。

 

今年はこの歌唱法の生みの親であるヴェルベック女史の生い立ち、

どのような経緯で自分の声の再生をするようになったのか、

シュタイナーとの出会いによって、アントロポゾフィーの思想と

彼女のメソッドがどのように融合したのか、

そして他の歌唱法と比較して、アンカヴァーリング・ザ・ヴォイスの歌唱法の

特筆すべき特徴についてお話させて頂きました。

 

講演後に、分科会の度に聞いたことが、今日の講演ではまとめて聞くことができて、

全体像が見えてよく理解できました。とのご感想を頂きました。

 

 

 

 

 

コメント