心をひらく響き

 


 

 

昨日から我が家の庭に、白いほととぎすも咲き始めました。

 

今日は友人の所へ午前中に行きました。
 

最近口数が少なくなったご主人の事を心配されて、
一緒に歌ってくれないかと
依頼がありました。

 

出掛ける間際に電話があり、

今日は歌いたい気分じゃないと夫が言ってるんだけど、

そんな状況でも来ていただけるかしら?
と謝罪しながらおっしゃいます。

 

 

嫌なものは嫌でしょうし、
無理やり歌わされても、
ご本人の気持ちが良くはなりません。

 

芸術行為は頭が先ではなく、
心が動いて行為を起こします。

 

 

彼の心を動かす事、何がいいかな?と考えて、
小さなライアーを3台、
一緒に持っていく事にしました。

 

このライアーは、9本の弦が張ってあり、指でつま弾いて音を出します。

 

一人にひとつずつライアーを持って、音を出していきました。
丁寧に耳を澄ませて、
自分の音を
そして他者の音を聴きあいます。

 

小さな響きに誘われて、
たちまちその音と共に、
彼の心が
歌い始めました。

 

 

耳を澄ませば、澄ませただけ、心の内面は穏やかになり、

たくさんのスペースがうまれます。

 

 

そこから今度は歌を歌いました。

 

京都のわらべ歌。
それから、讃美歌。

 

若い時に合唱団で歌っていた時の事を思い出されたそうです。

 

 

朗々とした歌声が響きました。

 

 

私が一番幸せを感じる瞬間です。
その人の声で、
その人らしく
歌っている。
その歌声を聞かせて頂いている時が、一番の幸せです。

コメント