思い出の歌 【歌唱療法】

 

今月から2週おきに、ご夫婦の所へ歌唱療法でお伺いしています。

 

今週もモノトーン・ライアーを一緒に連れて行きました。

 

愛しい幼子を抱きかかえるように、そっと優しく指を動かすことができると、

心地よく響きます。

 

お二人で向かい合って座って頂き、それぞれがライアーを膝の上に置いて

会話をするように弾いて頂きました。

 

お二人が奏でる響きがリズムを生み出し、

波のように、

谷を渡り響くコダマのように。

 

「子守唄が鳴っているみたい。」

 

「気持ちが落ち着いて、なんだか眠くなってきました。」

 

それぞれのライアーの音は レ(D)と ラ(A)5度のインターバルの音です。

 

5度のインターバルは呼吸のリズムを整えてくれる作用があります。

 

そして、今回はご主人の思いでの曲 ドイツ民謡の「別れの歌」を歌いました。

 

シュバーベン地方に伝わる歌です。

ご主人はお若い頃ドイツに留学をなさっていました。

 

ドイツ語の歌詞を覚えていらして、奥様と私に教えてくださいました。

 

林檎畑の近くにお住まいだったこと、大学までは自転車で通っていたこと。

ランプの光で勉強したことなど、たくさんの楽しい話を聞かせてくださいました。

 

一曲の歌が懐かしい思い出を生き生きと呼び覚ましてくれます。

 

楽しそうに話されるお顔は、

若き日のお姿を彷彿させるようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント