聞くことにまつわる話

 

歌っている時に聞くというと、何を聞いているのでしょうか。

 

まず自分の声を聞いている。

 

 

音程を聞いている。

 

ハーモニーを聞いている。

 

空間を聞いている。これは響きを聞いていると言いなおした方が良いかもしれません。

自分の発した声がどのように空間に響いているかを聞く。

 

 

フィンランドの歌の学校では、毎年クリスマスシーズンになると、

アドヴェントの曲を歌って回る活動をしていました。

保育園、幼稚園、学校、病院、老人ホーム、教会など3週間ほどの間に毎日のようにどこかしらへ出かけていました。

 

歌う場所も様々で、音響の良い所もあれば、全く響かない所もありました。

歌うのに厳しい場所の方が圧倒的に多かったです。

 

 

声を出すそばから壁に吸い込まれていくような環境にあたったら、

先生からは環境のせいにして、絶望するのではなく、自分たちで響きを生み出しなさいと言われました。

 

そうすると、歌っている全員で耳を揃えて空間をサーチします。

どこまで皆で共有する空間を把握できるか、自分たちの上も下も、

前も後ろも、全方位に向かって、歌っている最中に耳をむけます。

 

 

ここまでは、声が出ている時の耳の向け方ですが、

 

アンカヴァーリング・ザ・ヴォイスの場合のユニークな所は、

声が鳴っていない時こそ耳をかた向けなさいと言われます。

 

 

自分の声が鳴りだす前と後です。

 

このまだ何も鳴っていない静寂な時こそ、耳をもっと注意深くして、静かに聞くのです。

 

その静寂な時にこそ、自分の声の基になるものが鳴っていて、
その基を聞いてから、実際の声にする。

 

初めて先生から言われた時は、??????とたくさんの疑問符が心に浮かびました。

 

そんな世界は存在しているのか?とも思いました。

 

 

しかし、それを聞き出してから声にするのと、

唐突に声をだすのでは、明らかに声の響きは違うのです。

 

 

歌うことを通して、聞くことも変わってきます。

聞き方が変化してきます。

 

 

自分の出している声を客観的に聞くようにといつも先生から教えられました。

 

そこに一切のエゴイスティックなものを介在させないように聞くことを要求されました。

 

 

これはなかなか難しいことです。

 

自分の声を耽美的に聞かない事もそうですし、

卑下して聞かないこともそうですし、

他の人と比べて聞かない事もそうです。

そういうことを一切排除して、自分の声を聞くこと。

 

 

フィンランドの歌の学校では、毎週火曜日に生徒が在校生と先生の前でソロの曲を歌う時間がありました。

そこで先生からアドヴァイスをもらって、次の練習に生かす授業です。

 

 

他の生徒に与えている先生のアドヴァイスを聞く事は、私にとっても勉強になりました。

先生がどんな風に耳を使っていらっしゃるのかが分かったからです。

私の耳では聞こえていない所を先生は聞いて、アドヴァイスをされています。

先生の耳には今現れ出ている声の他に、その生徒のこうなるであろう未来の声も聞こえているのです。

 

 

20数人の生徒がグループで歌うレッスンの時に、先生が一人の生徒に向けてコメントをくれることがあり、

大勢の人が一斉に歌っているのに、その中の一人の声が聞き分けられるのかしら?と不思議に思いました。

 

先生はこの人の声を聞こうと思って耳を合わせると、ちゃんと聞こえてくると言います。

 

 

私はまだまだ20人もの声をレーダーのように聞き分けられないので、これからも耳の精度を上げるべく精進します。

 

 

アトリエ・カンテレHP

 

 

オランダでの精神医療の取り組み

 

今日は オランダで精神医療に取り組んでいらっしゃる田中医師の話を聞きにいきました。

 


  田中先生はFACTという多職種からなるチームで患者さんの所へ出向き、地域での生活をサポートする治療システムに取り組む一方で、

アントロポゾフィー医学を基盤としたリベグッド病院でも働いています。...

 

 

ここの理念は医師と患者という関係ではなく、患者も医療者も共にコミュミティーを構成する仲間という関係です。
診断名から患者さんと係わるのではなく、その人全体として関係を築きます。

 

ですから患者さんに、あなたはこのコミュニティーのために何ができますか?と尋ねるそうです。

 

 

 

このコミニティーでは、農作業、木工仕事、養蜂が治療として行われています。そこで収穫された作物や木工品は病院内の店舗で販売されています。

 

 

今日の講演会の時間に田中先生がこの病院の紹介ビデオを見せてくれましたが、このビデオを作製したのも、ここの患者さんでした。

 

 

こうして患者さんに意志力(ウィルパワー)を発揮してもらうと、病気に自ら向き合うことになり、病を抱えながらも社会生活をおくれるようなったり、

仕事に復帰できるようになるそうです。

 

 

患者さんたちにこのコミュニティーの事をどう思いますか?と尋ねると、ほっとする。温かい感じがする。自分が歓迎されていると感じると話すそうです。

 

 

田中先生はコミュニティーでの午前9時から始まる朝の集いには、必ず出席するようにしているそうです。

コミュニティーを構成している仲間が一同に集う事、ここでコミュニティーの存在を強く感じることができるそうです。

 

 

私も療法士として研修をした治療教育施設や共同体での朝の集いを思いだしました。

 

20分ほどの短い時間ですが、全員が輪になって、詩を唱え、歌を歌って、その日の連絡事項を伝え合います。

毎朝、厳かな気分になり、このコミュニティーの一員でいるという誇りもありました。そして胸に灯った温かさを伴って、各自がそれぞれの仕事に向かっていきます。

 

 

 

 

南沢シュタイナー子ども園 開園20周年記念コンサート

 

 

南沢シュタイナー子ども園 開園20周年記念 ライアーコンサートが本日終了しました。

 

 

会場には大勢の方がお越しくださいました。

 

 

午前の第一部は吉良創さんのソロ演奏で始まりました。
 

 

一曲目は即興演奏でしたが、子ども園で歌われている旋律が所々現れて、懐かしく聞きました。

 

 

その後、南沢ライアーアンサンブルDUOの演奏と共に、
私も歌わせて頂きました。

 

 

 

その後、ジョン・ビリングさんと吉良さんのデュオ演奏、
ビリングさんのソロ演奏と続きます。

 

 

ビリングさんのライアーの音色は
響きがまるで教会の大聖堂で聞いているようでした。

 

 

 

そして、お昼をはさんで、午後の第二部が始まりました。

 

 

南沢ライアーアンサンブルの演奏は総勢8名が奏でるハーモニーが素晴らしかったです。

 

 

吉良さん、相川さん、泉本さんのライアートリオ A.K.I.の演奏に続きます。

 

長い年月を一緒に演奏されているので、息もぴったりで、
 

演奏された曲の選曲も素敵でした。

 

 

そして、ジョン・ビリングさんのソロ演奏と続きます。

 

 

最後はライアー奏者全員で「ハレルヤ」、「神の御子は今宵しも」、「牧人ひつじを」を演奏しました。

 

 

コンサートと同時に人形劇やクラフトの販売、カフェやお弁当の販売もあり、皆さんそれぞれに楽しんで頂いたと思います。

 

 

 

今日私が歌った曲目です。

 

Alle psallite            13世紀
Laudate Dominum 主をほめ讃えよ G.アイヒンガー
Ave Maria アベマリア   F.L.ルチアーニ
Da pacem G.バイルハイツ
Balulalow R.R.ベネット/M.ルター
Iltalaulu      D.カバレフスキー
Laulu,tytto O.メリカント

 

 

 

お集まりいただいた皆様、ありがとうございました。
 

そして、スタッフの皆様もお世話になりました。

 

 

また、皆様にお会いできますように。

フィンランド訪問

 

 

1016日より112日までフィンランドへ行っていました。

 

2年ぶりの訪問です。

 

 

 

ヘルシンキに2泊した後、イルマヨキにある歌の学校(ラウルコウル)に2週間滞在しました。

 

 

最初の週は学校の授業に参加させてもらいました。

 

 

 

9時から始まるグループレッスン、合唱、フォークソング、教育法、相互発表の時間など、

学生たちと一緒に受ける授業は刺激がいっぱいでした。

 

 

 

翌週は私が歌唱療法の紹介と朝のグループレッスンを担当しました。

初めて歌唱療法のエクササイズを行う生徒もいて、大変興味を持って、熱心に行ってくれました。

 

 

 

学校の裏には森が広がっています。

 

私は毎日散歩に出かけました。

 

新鮮な空気と静けさ。

 

朝日に照らされる木々や、夕焼けの空も綺麗でした。

 

 

 

 

金曜日の授業後、電車でラハティへ移動して、日曜日まで友人宅にお世話になりました。

 

彼女はドイツで歌唱療法のコースを一緒に受講した仲間です。

 

お互いの仕事のことなど、情報交換や勉強会を行いました。

 

もちろん、二人でスパに遊びにいったり、彼女のお気に入りのネパールレストランに行ったり、

楽しいこともたくさんしました。

 

 

 

ラハティはイルマヨキと比べると、都会です。

 

でも、すぐ近くに大きな湖があり、また森があります。

 

自然がすぐ近くにある暮らしがうらやましくなりました。

 

また、来年もフィンランドを訪れたいです。

それまで、歌の練習や、療法を一生懸命やらせて頂きます。

 

フィンランドからのサンタクロース

 

 

クリスマス休暇にドイツに住む友人を訪ねた時の事です。
 

フライブルグの駅からバスに乗りました。
 

料金を払って後ろの空いている席にむかうと、運転士さんがマイクで私を呼び止めました。
 

 

私は支払った料金が不足していたのだと思い、また運転士さんのいるところへ戻りました。
 

 

彼は私にフィンランドから来たのかと聞きます。
 

そうだと答えると、自分の息子がユーロコインを集めているので、

フィンランドのコインと自分が持っているドイツのコインとを換えて欲しいと言います。
 

 

私たちは終点のバス停で交換しました。

 

 

 

フィンランドは2002年から、それまでの通貨マルッカからユーロに変わりました。

 

各国のユーロコインは表は共通のデザインなのですが、裏側はそれぞれの国ごとに違っています。
 

ちなみに、フィンランドのコインは3種類のデザインがあり、2羽の白鳥、クラウドベリーの花と実、そしてライオンです。

 

 

 

友人の家に着いてバスの中であったことを話すと、

友人は「運転士さんにとってあなたに交換してもらったことは、本当にラッキーだったと思うわよ。

だって町のコインを扱っている専門店に行ったら、同等の値段で変えられないから、

そのくらいフィンランドのコインは希少で価値があるの!」と教わりました。

 

 

 

運転士さんの息子さんにとって、私は素晴らしいサンタクロースになったのです!!!

 

 

 

メリークリスマス!

今年もフィンランドの歌の学校(ラウルコウル)からクリスマスのカードが届きました。

 

フィンランドのクリスマスの思いではたくさんあります。

日本のクリスマスのように賑やかなお祭りのような雰囲気はフィンランドのクリスマスにはありません。

フィンランドのクリスマスは家族で過ごす、温かな雰囲気のクリスマスです。

 

アドベントのツアーが終了すると、歌の学校も20日過ぎには冬休みに入ります。

そうすると、学生は家族の元に帰ってクリスマスをお祝いします。

私も友達の家に招待されて一緒にクリスマスを過ごしたことがありました。

 

23日の午後に町のマーケットへ出かけ、車の荷台からはみ出すくらいの大きなモミの木を家の居間に運び入れました。

大きな古い箱の中には星や人形などツリーに飾られるものがたくさん入っていました。

お母さんがレースで作った星の飾りなど、その飾りひとつ、ひとつに思い出が重なるようで、「この飾りはね・・・」と話しながら

もみの枝に吊るしていきます。

最後にもみの木のてっぺんに大きな金色の星を取り付けて、飾り付けが完成しました。

 

24日はお昼すぎになると、家族全員が次々にサウナに入って、身を清めます。

その後に先祖の眠っているお墓参りに行くためです。

お花とキャンドルを持って人々がお墓参りにいく習慣があるのです。

クリスマス・イヴの日はお墓がお花とキャンドルの灯りに照らされます。

先祖の霊に祈りを捧げた後は夕方のクリスマスのミサに教会へ向かいます。

 

家に帰ってくると、オーブンの中から美味しそうな匂いがします。

朝から低温で焼かれたぶたの塊肉がクリスマスのご馳走です。

薄くスライスして、そこにマスタードやはちみつを付けて食べます。

そのほかには赤い色が華やかなビーツのサラダ、鱈のにこごり、スープなどクリスマスの伝統料理が並びます。

 

25日、クリスマスの当日に目が覚めて居間へ行ってみると、クリスマスツリーの下にはさまざまなサイズの箱に色とりどりのリボンがかかった

プレゼントがたくさん置かれていました。

 

私もお母さんからはマリメッコのショルダーバック、これは今でもお気に入りで大事に使っています。

友人からはカラフルな色の組み合わせの靴下とマフラーをもらいました。

 

クリスマスの朝に頂くのは、ミルクで炊いたお米にお砂糖とシナモンを入れたものを頂きます。

そして、必ずアーモンドを一粒、お鍋の中に入れます。

器によそった時にはそのアーモンドがどの器に入っているかわかりません。

みんな自分の器の中にアーモンドが入っているか楽しみにしながら食べます。

みごとにアーモンドが入っていたら、その人は1年中、健康と幸運に恵まれるという言い伝えがあるのです。

だから自分にそれに当たったら、みんなとっても喜びます。いい大人でも子供のように!!

 

どうぞ、みなさんもよいクリスマスをお迎えください。

平安と喜びに満ちたクリスマスでありますように!

アドヴェント

アドヴェントも2週目になりました。

 

フィンランドの「歌の学校」(ラウルコウル)では、
毎年アドヴェントの時期になると、クリスマスにちなんだ歌を歌ってまわるアドヴェントツアーが行われました。

11月に入ると普段の時間割が変わって、ツアーに向けた練習が増えていきます。
毎年歌われる定番の曲の他に、その年の新曲も加わります。
新曲はだいたいが生徒たちからのリクエストで、歌ってみたいと思う曲があると、先生に提案をします。


 

私も在学中にチャールズ・アイヴスの曲をリクエストして、みごとに採用されました。
今もその曲は定番となって歌われているのでしょうか?

 

ツアーでまわるところは、病院、デイケアーセンター、老人ホーム、学校、幼稚園などで、どこに行くかは、生徒の中からマネージメントを担当する係が自薦、他薦で選ばれました。

 

担当になると、コネクションを駆使して、それから電話帳を片手に、
営業活動を開始します。

ツアーは12月の初旬から、クリスマス休み直前まで、おおよそ3週間に渡ります。

 

1日に3か所をまわったこともありました。
中にはコンサート後にディナーが付いていた事もありました。

 

きっと今年もラウルコウルではアドヴェントツアーが行われていると思います。

 

フィンランドではアドヴェントの時期になると、毎週ろうそくを一本づずつ灯して、クリスマスまで4本のろうそくに火が灯ります。

外がくらいこの時期、ろうそくに灯された炎を見ていると、自分のこころにあかりが灯されたように感じます。

 

 

どうぞ皆様も静かなアドヴェントの時期をお過ごしください。

人間の声は美しく、正しい

 

 

 

アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス歌唱法はスウェーデン人のオペラ歌手、ヴァルボルグ・スヴァルトストローム・ヴェルベック(1879−1972)が自らの声のトラブルを解決するために研究が始まりました。

オペラ公演を続けるうちに声帯が麻痺してしまい、彼女は声を失いました。

 

 

その時、以前同僚から言われていた言葉を思い出しました。
「君はNg音を歌っている時と、他の母音や子音を歌っている時とは響きが違っていることに気が付いているだろうか。
Ng音は無理なく、響きに満ちている。そのNg音を歌...っているように、他の音も歌えばよいのに」と。

 

 

そして、彼女はNg音を使って、自らの声の再生を始めました。
 

 

Ng音とは鼻濁音と呼ばれている音で、母音の要素と子音の要素を兼ね備えた音です。正しく発せられる時、もっとも声帯に無理な力がかからない音です。最初は話す声もでなかったところから、徐々にかすかなNg音が生まれ、そして、そのNg音に母音や子音を加えながらエクササイズを重ねて行きました。オペラの舞台にも復帰できるまでに回復しました。
 

 

 

その後、同じような問題をかかえる歌手が彼女の所へ来るようになり、彼女はエクササイズを教えることになります。
しかし、同じ人が何年かするとまた同じ問題で戻ってきます。そのような状況から、しっかりと基礎から学ぶことができる歌の学校をドイツのハンブルグに設立しました。
 

 

 

ヴェルベックは '人間の本来の声は正しく美しい' と考えていました。しかし、心や体の緊張・痛み・筋肉の衰えなど、本来の声の輝きが響かないように覆いを掛けてしまっている。エクササイズを通して、その原因となっている覆いを取り除いて(アンカヴァーリング)本来の輝きのある声に再生していきます。
 

Uncovering the Voice 覆いが取り外された声

 

覆いが取り除かれた本来の輝きのある声とはどんな声なのだろう?

私は小さい頃から人の声にとても興味がありました。

 

それは父親が買ってきたテープレコーダーに自分の声を録音して聞いた体験から始まっています。
四角い箱から流れてくる声が自分が普段聞いている声とあまりにも違ったからです。

 

「これが私の声なの?」と周りの人たちに聞いても、みんな「そうだよ」と言います。

 

それがきっかけになり、わたしはそれ以降、声の不思議に魅せられてしまったのです。

 

アンカヴァーリング・ザ・ヴォイスという歌唱法があることを知った時、

私は小さい頃からの興味、人間の声の秘密を知ることができるかもしれない!とわくわくしました。
 

本来の自分の声を探す旅は自分のことを知る旅でもありました。
 

 

 

声にかけられた覆いを取り払う作業は、自分が無意識に行っていることを意識的に行ったり、習慣化していることを壊して、再構築したり、自分の声や感覚に素直に耳をかたむけることを繰り返し行うことでした。

 

 

何回も何回も繰り返し行う練習によって、自分本来の声と出会います。

 

 

でも、そうやって出会った声は何物にも代えがたい、世界に一つだけの宝ものになります。

 

 

 

美しい声


 

 

 

美しい声とはどんな声なのでしょうか。

 

 

歌うことに抵抗があって、歌うことをあきらめてしまう方がいらっしゃいます。

 

でも、その抵抗をチャレンジに変えて、自分の声に出会うためにアトリエ・カンテレを訪れてくれる方がいます。

 

私はその方のために最適なエクササイズを考えます。

 

レッスン終了後にその方は、「とても気持ちがよかったです。」と感想を述べられました。

 

 

自分の発した声で心地よさを味わえること、それはこのうえもない喜びだと思います。

 

 

飾らない、繕わない、素直で、自由で、生命力にあふれた声。

 

その方の声はまさしくそのような声でした。

 

だれの中にもあるのです。

 

それを見つけるお手伝いを私はしていて、その声を聞かせて頂くことは私の喜びです。

 

多くの人が歌うことをあきらめてしまわないように。

 

 

アトリエ・カンテレHP